Webサイトが見れないようにパスワードをかけるプラグイン「Password Protected」|ワードプレス

おすすめプラグイン

WordPress~ワードプレス~でWebサイトを作成している途中段階で、まだ見られたくない、閲覧されたくない場合に、Webサイト全体にパスワードをかけることができるプラグイン「Password Protected」を紹介していきます。

とても簡単にパスワードをかけて、パスワードを知っている人以外は見れなくできますので、覚えておいて損はないと思います。

用途としては、「Webサイトが制作途中のため見られたくない」「会員専用のWebサイト」などの場合があると思います。

1.「Password Protected」をインストールしてみよう

WordPressの管理画面、メニューの「プラグイン」→「新規追加」の中の、検索枠に「Password Protected」と入力してください。

「今すぐインストール」→「有効化」をクリックで準備OKです。

2.実際にパスワードを設定してみよう

有効化が完了後、メニューの設定の中に「パスワード」という項目が追加されます。

パスワード保護の設定という画面になりますので、

「パスワード保護の状態」にチェックを入れて、新しいパスワードを入力(2回)して、変更を保存すると完了です。

※許可する権限が何かあればチェックを入れてください。また、許可するIPアドレスがある場合も同様に入力することにより、パスワード保護の対象から除外されます。

3.パスワードをかけた実際のWebサイトの画面

パスワードをかけた実際のWebサイトの画面は下記のようになります。

パスワードを入力して、ログインボタンをクリックすることにより、Webサイトを見ることができます。

4.まとめ

ワードプレスサイトが見れないようにパスワードをかけるプラグイン「Password Protected」は、いかがだったでしょうか?

一時的に見られたくない場合、会員専用のWebサイトの場合などに活用できると思います。

もちろん、パスワードは予測できないようなものを設定することがおすすめです。

本記事に関するお問い合わせについて

本記事に関するお問い合わせについては、下記よりお願いします。

お問い合わせフォームはこちら>>

関連記事

特集記事

TOP